品質保証

自社内生産工程の弱点を把握し、『1個の不良も流出させない』を理念としています。

生産現場にて寸法・外観などの点検をおこなう品質パトロールなどで日々の変化点を見逃さず、スピーディーにフィードバックできる体制を確立しています。

また月例の品質会議において製品の品質・変化点を各部署で確認し、品質に関する社内報を作成・回覧するなど情報共有を徹底しています。

全従業員『品質第一』をスローガンに日々取り組んでいます。

外観検査

製品の形状測定

製造

6軸自動盤58台・NC加工機15台による月産1,400万個 24時間体制により生産をしています。

製造現場では、稼働率の向上と不良率の低減を重要視し、無駄を省くことはもちろん、従業員の教育にも力を入れ、社内一丸となって改善に取り組んでいます。

また生産設備の保守・保全を社内でおこなっており、日々安定して製品を供給できる体制を整えています。

製造現場

生産技術

当社ならではの最適な工具の選定および加工条件の設定をおこなっており、鋼材の中でもステンレスなどの難削材を加工できる切削技術も兼ね備えています。

また自社内での使用刃具の設計・製作をおこなっており、日々の生産をバックアップしています。

通常、6軸自動盤では1サイクル1個生産をおこなっています。

しかし当社ならではの技術によって1サイクル2個生産を可能とし、さらなる量産加工を実現しています。 近年ではNC加工機を導入し、6軸自動盤で旋削したブランクに追加工または仕上げ加工を施し、6軸自動盤単体では難しい高精度・高付加価値を持つ製品を加工する技術を確立しています。

日々の改善活動

量産までの流れ

見積

工程検定

材料調達検討

ツールレイアウト検討

治工具検討

品質、納期を念頭に工程を検討し、お客様が満足できる見積を提出します。

見積提出と並行してツールレイアウト、刃具及び治工具の準備も行います。

見積り打合せ

試作

試作品加工

工程能力確認

ツールレイアウト検討

帳票・標準書準備

試作品加工を通した評価・検証により、量産工程を構築します。

また、必要な帳票・標準類の準備もおこないます。

試作用刃具の製作

契約

契約

量産工程で初品を製作し、お客様の評定・合格判定後、契約となります。

量産品加工

量産品加工

出荷準備