ホーム > 企業情報 > コンプライアンスへの取り組み

コンプライアンスへの取り組み

当社では以下のコンプライアンス宣言に沿って、法令遵守はもとより社会規範を尊重し、社会的責任を自覚しコンプライアンスの実践に努めて参ります。

(コンプライアンス宣言)

「誠心誠意」コンプライアンスを実践する
当社は「誠心誠意」を社是としています。 社員のひとりひとりがこの言葉を強く心に留めて日々の仕事に励むことは、自ずと社会のルールを守り、 道徳や倫理に照らしても正しい行動につながるはずですから、私たちはコンプライアンスの精神を先取りして掲げ、実践してきたと言えます。

一方、社会は日々変化しています。新しい法令や規範ができ、 それまでは許容されていた行為が「やってはならないこと」に変容していることさえあります。 私たちは、常に謙虚な気持ちで新しい法令や規範に目を配り、コンプライアンスを正しく実践しているか、立ち止まって考える努力が必要です。 また、「誠心誠意」の意味を取り違えてしまうことにも注意が必要です。 例えば、お客様のニーズに応えて、より高い品質の製品やサービスを提供することは社是の趣旨に沿うものですが、 その手段やプロセスがコンプライアンスに抵触すれば、それは結果的に「誠心誠意」に反することになります。 私たちは法やルールを守った上で、最善の企業努力によってお客様の信頼に応えるべきだからです。

企業の存続には何が必要でしょうか。 そのひとつが利益であることは言うまでもありません。 ただ、利益は上げていても、不正な行為や重大な過失、またそれらが発生した後の不誠実な対応が原因で、多くの企業が消滅していきました。 今日、コンプライアンスは企業存続の必須要件になっています。 また、コンプライアンスには、企業の競争力を高めるという積極的な側面もあります。 コンプライアンスの実践が社内外に浸透すれば、お取引先からの信頼度は高まり、社員のモラルも向上していくからです。

コンプライアンスの実践は難しいことではありませんが、日々の業務においては、迷ったり悩んだりすることも多いはずです。 ひとりで抱え込まず上司や先輩に相談し、組織全体で対応していきましょう。 もし、失敗や過ちがあれば、その背景や原因を「教訓」として社員が共有し、同じ過ちを決して繰り返さないことが最も重要なことです。 ただし、「誠心誠意」の心をないがしろにする行為や、事実を隠ぺいする行為には厳しく対処します。

社会は、企業に責任ある経営を求めています。 社是や企業理念に則ってビジョンを実現し、長く事業活動を継続していくために、 コンプライアンスを経営の根幹に置き、全ての役員・社員が「誠心誠意」コンプライアンスの実践に努めていくことをここに宣言します。

平成27年9月18日
岡本工業株式会社
取締役社長 岡本 芳寛